ひみつのゆるい育児

明日から頑張るゆる育児を楽しむブログ。

令和になって始めたことはメイクの見直し!アイプチのやめ時問題に決着をつけた私に起こった変化とは

 

f:id:himitutan:20190520065906j:image

 

おつかれさまです、ひみつたん(@ChocolateHolicq) です。

 

令和になってもうすぐ1ヶ月が経とうとしていますが、何か変えた事や変わった事はありましたか?

 

私はずっと辞め時を探していたメザイクやアイプチの二重メイクにこだわることを辞めました。

二重メイクを辞めてみて良かったことや悪かったこと、今後の対策についての覚書です。

 

辞め時を悩んでる人の役に経てば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  

 

 

 

令和になって始めたことはメイクの見直し!アイプチのやめ時問題に決着をつけた私に起こった変化とは

 

 

『メザイクやアイプチの辞め時が分からない。』

 

これは二重メイクをする大人なら誰しもが思った事があるはず。

 

私も例外ではなく、子供が動き出すようになってから自分にかける時間が減りメイク時間の見直しが始まったのです。

 

 

  • やめたら盛れなくなる
  • 顔が変わってしまう
  • 自分が自分じゃなくなってしまう

 

 

そんな不安はありませんか??

 

私はもう10年以上続けていたことなので、ファンデーションを塗ることと同じようにメザイクを使っていました。

もはや依存症という言葉の方がしっくりきます。

 

でも化粧時間などを考えるといつかは辞めなきゃと考えに考え、結局20代後半になってしまいました。

 

平成も終わるしメザイクももうすぐ使い終わるし、もうメザイク生活を終わりにしよう。

そう決心して、写真のアイテム一式を断捨離したのです。

 

 

良かったこと

 

 

メイク時間が短縮された

のりが乾くまでの時間を半目で子供たちを見守っていましたその半目の時間がなくなりました。

 

ファイバータイプもありますが、日中取れないようにのりとダブル使いをしていたのでアイプチは必須アイテムですよね。

 

 

メイクポーチにゆとりが出来た

メザイク、アイプチ、プッシャー(二重幅を調整するやつ)やピンセット、ファイバーをカットするはさみもなくなりました。

メイクポーチはスカスカになりました!

 

もう少し小さいサイズに買い替えようかと検討中。

 

 

目元の不自然なテカリなどが無くなった

どれだけ気を付けていてものりのテカリはなくなりません。

テカリだけならまだしもアイシャドウごと浮いてくるっていう事件も起こります。

 

それが無くなっただけでもストレス軽減です。

 

まぶたが荒れなくなった

少なからず負担がかかっているので定期的にまぶたが赤くなっていたのですが、それがなくなりました。

 

 

メザイクが上手くいかなくて1からやり直しをしなくなった

左右のバランスがおかしくてやりなおしたり、のりをはがしたりしているうちにアイメイクがボロボロに…なんて経験はありませんか?

 

時間があればあるだけやりなおしていましたが、クレンジングを一日に何度もしなくなったので肌自体の調子がよくなり一石二鳥。

 

 

メイク道具やテクニックを勉強することが増えた

私は奥二重なのですが、奥二重でもあか抜けて見える研究をはじめました。

アイシャドウの入れ方からまつ毛のカールの仕方、アイラインの入れ方など二重の時と同じだと何となくパッとしなかったのですが、少しづつコツを掴んできてメイクが楽しくなりました。

 

メイク直しが楽になった

出先でメイクを直すのはめんどくさいですよね。

二重メイクをしていた時はのりが取れてることに気が付いて慌ててトイレに駆け込む!なんてこともありました。

 

子連れだと出先でメイク直しもなかなかできないので私的にはこれが一番大きいかもしれません。

 

 

悪かったこと

  1.  盛れなくなった

 

写真を撮ったり、二重の綺麗な人をみるとやっぱり二重がいいなって思うときもあります。

でもそれはまだ、メザイクやアイプチをしない自分の顔を見慣れていないからだと思っています。

 

二重かそうじゃないかなんて案外誰も気にしていないんだなって思うことも日常生活で多々ありますので、これは時間が解決してくれると信じています。

 

 

 

おわりに

 

 これは私の主観であり良かったことが多めですが、悪かったことの『盛れなくなった』は結構な打撃ですよね。

 

なので無理して辞める必要はないと思います。

メザイクをしてるからどうなるわけでもありません。 

 

 

私はもともと奥二重なのですがメザイクを辞めることによりメイク道具を見直したり厳選したり、奥二重の自分と向き合う時間が増えました。

 

またこの年になってやっと気が付いたことは「メイクは欠点を隠すだけじゃない」ってことです。

 

もともとある素材を活かしてよりよくすることもメイクの役割なんだと、二重メイクを辞めたことを通して知りました。

 

 

メイク道具に頼るのではなくマッサージやダイエットなど日頃の綺麗になる努力は続けていこうと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク