ひみつのゆる育児

ひみつのゆる育児

育児疲れはチョコで癒すママのブログ。

子連れ出勤は危ない?オフィスにある危険な物とその対策方法

f:id:himitutan:20190621111641j:image

 

おつかれさまです、ひみつたん(@ChocolateHolicq) です。

 

子連れ出勤を初めてはや7ヶ月、初めは寝ているだけだった赤ちゃんもハイハイで動き回りつかまり立ちを始めました。

 

それに合わせて危険な物も増えてきたのでその対策などをお話ししたいと思います。

今現在、子連れ出勤をしているかたやこれから子連れ出勤を考えている方のご参考になれば幸いです。

 

子連れ出勤に必要な持ち物リストはこちらの記事から見られます。

 

www.yuru-ikuji.com

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 子連れ出勤は危ない?オフィスにある危険な物とその対策方法

 

 

シュレッダー

 

 ちょうど指と同じ大きさの幅なので指を入れてしまったら大変です。

最初は電源ボタンを切るだけで対応していましたが、つかまり立ちが始まって電源を入れてしまう危険性が出てきました。

 

対策: 電源を切るだけではなくコンセントから抜くようにしました。

 

デスクの引き出し

 

 引き出しを開けてしまい指を挟んだり、また開けっ放しにしていて頭や顔をぶつけてしまうなど怪我につながる危険性があります。

 

 

対策: 頻繁に開けてしまう所にはベビーガードを導入。

   また、開けたら必ず締めることを徹底しました。

 

コンセントタップ

 

 スイッチ式をカチカチしたり、コンセントを引き抜くようになりました。

一度PCのコンセントを引き抜いてしまうことがありました。

 

 

対策: コンセントタップはボックスにしまい見えないようにしました。

 

ティッシュ

 

 

散らかすだけなら仕方ないが口に入れることも多く誤飲の可能性があり大変危険です。

 

対策: 手の届かない所に置く。

 

 

 

配線コード

 

 

 どうしてそうなった?って聞きたいくらい絡まっていることがあります。

本人は遊んでいるつもりでも何かの拍子に首に絡んでしまっても大変です。

 

 

対策: コード自体にカバーをかけて床に固定しました。

   

 

コピー機の給紙トレー

 

 給紙トレーをあけてコピー用紙を引き出す遊びが好きなようです。

ティッシュと同じ感覚なのかも知れません。

 

こちらも紙で手を切ったり、誤飲の危険性があります。

 

 

対策: ベビーガードをつけて開かないようにしました。

   給紙はなるべく他の人にはさせないようにこまめにチェックしています。

 

 

キャビネット

 

 自分で開けられるようになって中身を出すようになってしまいました。

重い物が落ちてきたり、細かい文具などの誤飲の危険性があります。

 

対策: もともと鍵がかかるタイプの物だったので上司が鍵をかけてくださいました。

   

   

床に落ちているクリップやホッチキスの芯

 

 まだまだハイハイで移動しているので床に落ちている光ものが気になるようです。

誤飲や口の中を切ってしまう危険性があります。

 

対策: 手が空いたら床掃除パトロール。

   落としたときには後回しにせずすぐに拾うようにしています。

 

 おわりに

 

まだまだ子連れ出勤をしているかたも少なく、情報もほとんどないので同じような環境で働いている人のお役に立てれば幸いです。

 

また歩き始めたら変わってくると思いますが、周りのサポートもあり仕事に支障をきたすこともなく、子供に怪我もなくなんとか働くことができています。

 

保育園に入れたくても入れない、0歳で保育園に入れるのはかわいそうなど働くママ達にはさまざまな悩みがあると思いますが自分をしっかり持って頑張りすぎないゆるい育児を楽しみましょうね。